自分の心と向き合うことの大切さ

いくら「自分は強い精神を持っている」と思っている芯の強い女性でも、働いていて辛いことが続くとそれが崩れることはあるはずです。健康において調子を崩した時に、一緒に精神の調子も崩すということもあるでしょう。
女性の方が自律神経が乱れやすいという説があります。そして体の周期というものもあるため、心身の調子は本来女性の方が崩しやすいようです。そういう理由もあって、女性はあるトラブルを機に一気に精神の調子を崩してしまうというケースがよくあります。

一度調子を崩すと元に戻るのに時間がかかります。今まで頑張ってきた分、ストレスや疲れが蓄積してしばらく休養を取る必要がある場合もあるでしょう。しかし、場合によっては休養をいくら取っても精神の調子が戻らないということもあります。休養しても全く体の調子に影響がない時は、職業自体を辞めてしまった方が良いというある種のメッセージかもしれません。頭ではストレスは溜まっていないと思っていても、心が悲鳴をあげているということは起こりえます。辞めた後に、嘘のように精神の調子が良くなるということもあるのです。
健康な状態で長く働き続けていくためには、あまり自分に厳しくなりすぎずに、心の声を聞いてあげることが必要です。働き始めて早い段階でそれをしてあげることが出来れば、大きく精神の調子を崩すようなトラブルを防ぐことができます。

Write a comment